FC2ブログ

線路はつづくよどこまでも

アパマンショップ号

IMG_6451_031.jpg
2019/11/29 25レ 3000系3504F 原木~韮山

IMG_6888_031.jpg
2019/11/30 98レ 3000系3504F 修善寺

常に何かしらのラッピングが施されている駿豆線の個性豊かな車両たち。
そんな中でもたまーーーにすっぴんの状態で走る編成が出てきたりするわけで、
この3504Fも検査の前後数日間はラッピングなしの状態で走り話題を呼びました。
しばらくすっぴんで走ってくれという祈りも虚しく、自分が訪れた時にはアパマンショップ号と化していたこの編成。
ヘッドマークまでご用意されていたわけですが、車体色が車体色なんで妙にマッチしていますね…。

スポンサーサイト



  1. 2019/12/10(火) 23:59:07|
  2. 伊豆箱根鉄道
  3. | コメント:0
<<動物園線ツーマン代走④ | ホーム | 音速折返し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みなじゅん

Author:みなじゅん
レール輸送と京王7000

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる